読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロウ・デラックス 又吉直樹・待望の2作目 劇場

2017年5月19日 金曜日

又吉直樹さんが四度目のスタジオ登場

さっその劇場について問われて

「満足いくものが時間もかけて作れたと思う」と語った。

芥川賞を受賞した影響について地方に行って 又吉先生と呼ばれて

恥ずかしかったと語った。

又吉さんは自身の作品だけでなく多くの作家の本の帯を

書くことも多い一覧で示されると稲垣吾郎さんは驚いた。

 

いつものように、いつもより長く「劇場」を朗読

なぜ、小劇団を主宰する男と、女優を目指す専門学生なのか

又吉さんは、恋愛と仕事は両方が関係し合うのではないかと思い、

それを描くのには、劇作家がいいと語った。

この後、文豪でサッカーチームを作ったらで盛り上がるが

盛り上がりすぎて、ほとんどカットされた

 

MCの外山惠理さんは「火花」と「劇場」に似ていると話した。

又吉さんも編集の人に、火花と劇場はレコードでいうとA面とB面のようですねと言われ、なるほどと思ったと明かした。