読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けさクロ 北朝鮮のICBM NHKスペシャル 「緊迫 北朝鮮 危機の深層」番宣

2017年5月19日 金曜日 

明日 2017年5月20日(土) 午後9:00~午後9:50

NHKスペシャル「緊迫 北朝鮮 危機の深層」の番宣と合わせて

特集された  NHK ニュース おはよう日本 けさのクローズアップ

レポートは NHK国際部 高野 洋 さん

米国本土まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発状況と

技術的に乗り越えなければ達成できない問題点と

その開発期間を報告

裏付けをする取材先は

ロシア国防省 元ミサイル研究者 ウラジミール・エフセーフ氏

固体燃料の急速な開発などミサイルを飛ばす技術について語った。

一方、核の小型化については

エネルギー・安全保障センター所長 アントン・フロプコーフ氏

ICBMの大気圏再突入の技術については

在韓米軍 元情報将校 ロジャー・カバゾス氏が語った。

 

北朝鮮ICBMの完成はまだ先にあるようだが

実験を繰り返せば、成功にしろ失敗にしろ技術は積み上がって行く

技術とはそういうものだ

詳しくは 明日の NHKスペシャル 「緊迫 北朝鮮 危機の深層」 

NHKスペシャル | 緊迫 北朝鮮危機の深層

 

核でアメリカに本気で打撃を与えたいなら

ミサイルではなく、核魚雷を使えば

ニューヨークやワシントンDCを水没させられる

空母も潜水艦も日本の米軍基地の多くも機能を止められる

 

実は目に見えやすいミサイルだけが核の脅威ではない。

ちなみに北朝鮮は世界第2位の潜水艦保有艦数を持つ