読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK ガッテン! 平均寿命100越え ピンピンコロリの秘訣は慢性炎症撲滅にあり

2017年5月10日 水曜日 めざせ健康長寿

メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)のジャン・ヴァン・デューセン(Jan van Deursen)氏らの研究が科学雑誌サイエンスの2016年ブレークスルー賞に輝いた

それは慢性炎症を減らしたマウスは健康で長生きしたというもの

そので慢性炎症とはなに?

慢性炎症の度合いが分かる方法があること

慢性炎症を減らすにはどうすればいい?

 

慢性炎症が増える傾向にある人の敵は肥満!

特に内臓脂肪!

大阪大学生命機能研究科 石井 優 教授によると

この内臓脂肪で慢性的に炎症が起きているそうです。

その慢性炎症を数値化してみるには血液検査

健康診断で「CRP」と言う項目

これが基準以下、小さければ小さいほど良い

スタジオには詳しく説明してくれた

九州大学・東京歯科医科大学教授 小川 佳宏 さんが登場してくれたが

ご本人は志の輔さんにイヤミを言われるほどスリム

どうやら肥満は本当によくないらしい

 

最近ではどの程度小さいか詳細にわかる 高感度CRP測定ができる

医療機関も増えているので、これから行く人はやってもらえるか確かめてみましょう

 

最後に、どんな食べ物がいいのか

自治医科大学 医学研究科 早田 邦康 教授による

マウスを使って実験した食材は

豆・キノコ類 に多く含まれるポリアミンは炎症を抑える効果がある

特に大豆としめじやエリンギにポリアミンが多いとのことです。

 

番組では肥満に焦点を当てていましたが

体に悪いことばかりしているいわゆる昭和のオヤジの代名詞

ストレス・タバコ・度を越えた飲酒・夜更かし・高血糖歯周病などは

肥満以上にもってのほかです。

 

ガッテン!ゲスト 山根千佳笑福亭笑瓶・LILICO