読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連続テレビ小説 ひよっこ みね子トロイカを歌う!

2017年5月10日 水曜日 第33回 第6週 響け若人のうた

今日は、色々と方言も飛び交い

新たに指導する裏方さんも増えたのでまずその方々から紹介

衣装監修 宮本 栞莉 さん
茨城ことば指導 松枝裕香 さん
青森ことば指導 高柳葉子 さん
福島ことば指導 諸橋玲子 さん
山形ことば指導 立花芽衣 さん
秋田ことば指導 平 ますみ さん
裁縫指導 楠 香代子 さん
合唱指導 金田典子 さん
アコーディオン指導 浦松優子 さん

 

さて、月曜日の夜は向島電機 乙女寮のコーラスの日

食堂を片付けて広い空間を作り、コーラス指導の先生を待つ

食堂の厨房では森 和夫 (陰山 泰)さんが

舎監の永井 愛子 (和久井 映見)さんと

フレンチトーストを作っていた。

初めてコーラスに参加するみね子さんたちは

コーラスとその指導に来る乙女寮・寮長の秋葉 幸子 (小島 藤子)さんの

婚約者 高島雄大 (井之脇 海)さんに会えることにドキドキしていた。

駅まで迎えに行った秋葉 幸子さんといっしょに来た高島雄大さんは

早速、コーラスの稽古を始める

楽曲はロシア民謡トロイカ

伴奏は 横森良蔵 ではなく、なんと食堂のおっちゃん 森 和夫(陰山 泰)さんだった。

ホーナーHOHNERのアコーディオン( ピアノキー)を抱えて登場して

軽やかに弾き始める

練習が終わって、フレンチトーストを楽しむ全員

待ってましたとばかりにみね子さんたちは、幸子さんと雄大さんに

ひやかし半分に話しかける。

そこへ、茨城県出身の警察官 綿引 正義 (竜星 涼)さんが

みね子さんのお父ちゃんの情報を持って現れるのだった。

 

ピョッピョッ と 続く

 

ひよっこ資料

毎週月曜日は乙女寮のコーラスの日

この当時の日本人はロシアにカブレていた。

歌声喫茶なるものも流行っていた。

 

初登場 高島雄大 (井之脇 海)
乙女寮・寮長 秋葉 幸子 (小島 藤子)の婚約者でコーラス講師
芝浦にある大きな工場に勤める。
給料は15,000円 働いたお金は音楽につぎ込んでいる。 

 

食堂のおっちゃん 森 和夫 (陰山 泰) どうやら只者ではない
使っていたアコーディオンはドイツの楽器メーカーHOHNER
ピアノキータイプの物 

アコーディオン [ ピアノキー] – モリダイラ楽器