読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツコの知らない世界 一生使える日用品の世界 後継者不在で入手困難化 錫のグラス

2017年5月9日 火曜日 マツコの知らない 一生使える日用品の世界

全国520人の職人に会った男 河内宏仁 さん

河内宏仁 さんがマツコさんに渡したグラスはずっしりと重い

スズ製のグラスだった。

作っているのは大辻朝日堂の大辻賢一さん

薩摩錫器を全て手作りで製造する国内唯一の工房

河内宏仁 さんはその大辻賢一さんに名前を覚えてもらうまで

3年かかったという、頑固な職人さん

後継者がいないので、既に工房は閉めてしまったので

在庫がなくなれば手にすることはできない。

錫金属はイオン効果が高いため、飲み物をまろやかにすると言われている。

マツコさんは普通のグラスと大辻朝日堂 ロックグラスで日本酒を

飲み比べてみる。

「ゼンゼン違うんですけど~」と叫ぶマツコさん

マツコさん的には味が華やかになると語る

 

鹿児島を代表する伝統的工芸品

薩摩錫器 大辻朝日堂 ロックグラス (手掘鎚目ストレート) 9,720円

【鹿児島県/大辻朝日堂(おおつじあさひどう)】 ロックグラス/手彫鎚目-ストレート 270ccはリアルジャパンプロジェクト(realjapanproject)