読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連続テレビ小説 ひよっこ 乙女寮の休日

2017年5月6日 土曜日 第30回 第5週 乙女たち、ご安全に!

みね子さんの幼なじみ 角谷 三男 (泉澤 祐希)くん

みね子さんたちと同じ、集団就職日本橋はずれにある

安部米屋で働いていた。

先に登場人物紹介

明治38年創業 日本橋 安部米店

店主 安部 善三 (斉藤 暁)

そのひとり娘 安部 さおり (伊藤 沙莉)

なりたくて米屋を継いだわけではない善三さんと

その米屋をパン屋にしたい、さおりさん

いがみ合う安部親娘の板挟みに合う三男くんだった。

 

みね子さんたちの工場は休日の日曜日

1、乙女寮・寮長の秋葉 幸子(小島 藤子)さんは デート
お相手は乙女寮コーラスを指導しに来る婚約者 雄大さん
今日は映画「マイフェアレディー」を観にゆく

2、体が弱い夏井 優子 (八木 優希)さんは体を休める
実家は漁業

3、上京列車でいっしょになった青天目 澄子 (松本 穂香)さんは
農家では出来なかった休日を堪能するため1日寝ることに
父親は新しいおよめさんをもらった。

4、オール5の兼平 豊子 (藤野 涼子)さんは通信講座でお勉強
実家は農家で勉強は女に無駄だと止められながら勉強してた。
明るい部屋で堂々とノート広げて勉強できるのが幸せ

5、みね子の幼なじみ助川 時子 (佐久間 由衣)さんは
テレビ局や映画会社をみてまわる予定

6、乙女寮の舎監 永井 愛子 和久井 映見)
15歳で卒業してすぐに上京してきた女子工員でもあった。
不器用で工員のころは怒られたり、蹴られたりもしたらしい
実家は浅草、今日は結婚を約束していた人のお墓へ(千葉)
その恋人は戦争で亡くしたそうだ。
同じ工場で働いていた人でものすごくカッコイイ男性
(俳優 もりまさゆき に似ている)らしい

7、主人公 谷田部 みね子(有村 架純)さんは
この日、同室のメンバーに初めてお父ちゃんの失踪で就職に至った
事情を語った。そして今日はお父ちゃんが東京でお世話になった。
洋食屋 赤坂すずふり亭 へ行くことにしていた。

そして、そこへ

赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官

茨城県出身 綿引 正義 (竜星 涼)さんが現れた。

 

ピョッピョッ と 次週 第6週 「響け若人のうた」へ続く

そして父ちゃんの消息が・・・・