読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK 総合 おはよう日本 分子の車 Nano Car レース

2017年4月28日 金曜日

取材・報告は NHK化学文化部の鈴木 有 さん

100万分の1ミリの分子に電界を与えて動かす

エントリーしているのは6チーム

レース会場はフランス国立研究所

レース場は直径8ミリの金の円盤の上

表面に設定されたくぼみを

36時間かけてどれだけ進めるかというレース

日本時間の今日午後6時からスタートする。

これは、分子マシン・分子機械を作るための

手段・イベントとして開催される

当面に目標は体内の特定の細胞に薬を届ける

細胞の治療などが考えられている。

東北大学 大学院 村田 智 教授 によれば

薬・食べ物・情報処理の機械にも分子的機器は入ってゆくと語る

人工的な光合成、超小型コンピューターの開発へも

分子機械は期待されている

 

詳しくは Eテレサイエンスゼロでやってくれることを強く期待

実は昨年の12月10日、ノーベル賞の回で

化学賞の「分子マシン」について、分子マシンの1つ、ナノカー

ナノサイズの分子が車のように動くことをを解説している。

再放送も期待しよう

www.nhk.or.jp

 

体内でミクロの治療というと、この映画をおもいだすのでは?

ミクロの決死圏

人も艦もすべて小さくなるのは100歩譲るが

総重量10トンは超えそうな質量はどこへいっちゃうの?