読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連続テレビ小説 ひよっこ 母 赤坂署で懇願する

2017年4月14日 金曜日 第11回 泣くのはいやだ、笑っちゃおう

上野の喧騒から逃げるように

お父ちゃんが働いていた建設会社に着いた

みね子の母 谷田部 美代子 (木村 佳乃)さん

おとうちゃんが残した荷物を受け取ると

お父ちゃんが寝泊まりしていた部屋に行ってみる

そこには 饐えた臭いが染み込んだ

なにもかもイヤになるのも理解できる

最低限以下のものだった。

ついに手がかりをつかめぬまま

赤坂署を訪れるおかあちゃんだった。

そのころ学校から帰ったみね子さんは

妹のちよ子ちゃんとカレーを作り

様子がいつもと違うじいちゃんに

母がなぜウソをついて東京へ行ったのか

問い詰めるのだった。

赤坂署で失踪届を出したものの

担当警察官に冷たくあしらわれ

涙ながらに探してくれるように懇願する母 美代子さん

それを気の毒そうに見つめる

警察官の綿引 正義 (竜星 涼)がいた。

 

ピョッピョッ と 続く

 

この時台のカレーと言うとオリエンタルカレーだが

インド人もびっくり は特製ヱスビーカレーの

CMのようだったみたいです。

 

 

赤坂警察署警察官 綿引 正義 (竜星 涼)
赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官で茨城県出身

建設会社宿舎の女性 原田麻由

建設会社の人 大川ヒロキ 

赤坂警察署 三浦俊輔

赤坂警察署で身の上を 熊本弁で訴える赤子を背負った女性 阿部智凛(あべ ともり)