読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツコ会議 で再認識 写ルンです

マツコ会議 でインスタに 写ルンです を使っている人がいた

写ルンです は今また流行っているという情報を持っていた

マツコさんは詳しくその女子高生に聞くと

撮影した後は紙焼きしないで

CD-ROM データーとしてもらっていると言った

会議室一同、今はデーターなんだ!

プリントはしないんだと驚いていた

 

富士フイルム フジカラーレンズ付フィルム 写ルンです

FUJIFILM  27枚撮り LF S-ACE NP FL 27SH 1

 

 

写ルンです の第一次ブームは

ファストフードをファーストフードと呼んでいた時代

食器を使わず、パッケージを捨てて二度と使わない

商店街のお買い物で買い物かごを持っていかなくなり

使い捨てと言う文化が根付いた時に現れた

使い切りカメラ

それまでのカメラはフィルムをセットするのがわずらわしい

または失敗するなどで女性は特に敬遠していたが

すでにフィルムがパッケージされてフィルムを使い切ったら

そのパッケージごと現像してくれるショップに持っていけば

プリントされた写真が手に入るので

爆発的にヒットした。

レンズはついているもののズーム機能はなく

どちらかと言うと効率の良いピンホールカメラ

それがまた功を奏して独特の味わいのある写真となっていた。

その仕上がりが今では新鮮な感覚となり

見直されている。

使い捨て時代の影響で別名、使い捨てカメラ

本当に、旅先でゴミ箱に捨ててきて

写真が出来上がってこないぞと

クレームを付けた人もいたとか

捨てたら写真も思い出も帰ってこないことは念のため!

 

写ルンですのメリット

独特の味わいのある写真

軽い

スマホのバッテリーやメモリー残量を気にしなくて済む

なんか今おしゃれ