読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連続テレビ小説 ひよっこ 洋食屋「すずふり亭」

2017年4月5日 水曜日 第1週 お父ちゃんが帰ってくる!

ヒロイン 谷田部 みね子(有村 架純)さんの叔父さんが

小祝 宗男 (峯田 和伸)さん

バイクでやってきた

父 実(みのる)さんの弟で少し離れた村に養子にいっているそうだ

ちなみに、養子先の奥さんは

小祝 滋子 (山崎 静代 南海キャンディーズ)さん

叔父さんは叔父さんで大変そうだが

みね子さんの家の雰囲気は一気に明るくなった!

オリンピックまであと28日!

そして、父 実(みのる)さんが帰ってくる日になった

おかあちゃん谷田部 美代子 (木村 佳乃)さんは

いつもと違う一番お気に入りの服を着て

お化粧もほんのりとしていた。

そのころ父ちゃんは、赤坂の街を帰るために歩いていた

少し遠くに国会議事堂が見える

このまま、都電の停留所に向かうのか、銀座線の駅に向かう

つもりなのだろうか?

このころではまだバギータイプの乳母車は

珍しかったのではなかろうか?

今ではF1やスーパーカーで著名なマクラーレン

アルミ製の折り畳みタイプを開発している。

確かに赤坂ならあり得そうな気もするが

でもそれは、1965年 昭和40年 オリンピック開催の後なのだ

そのバギータイプの乳母車を中心にスナック

ビーコン(Beacon)の前で母子がたむろしている

おとうちやんはその母子に微笑むと空を見上げた

オリンピック開会式の曲芸飛行を練習するブルーインパルスの姿が

そこにあった。

そして運命の洋食屋 赤坂「すずふり亭」の女店主

牧野 鈴子 (宮本 信子)さんと出会い

料理長 牧野 省吾 (佐々木 蔵之介)さんの作る料理の香りに

誘われて入店する、お父ちゃんだった。

 

ピョッピョッ と 続く

 

資料 

赤坂 あかね坂商店街にある

洋食屋「すずふり亭」

コック 井川元治 (やつい いちろう)

見習いコック 前田 秀俊 (磯村 勇斗)

洋食屋 赤坂「すずふり亭」となりは

中華料理店 福翠楼

向かいはトキワ堂薬局(薬店)

ポークカツレツ 250円

ポークソテー250円

ハンバーグステーキ230円

ビーフシチュー350円

マカロニグラタン230円

ハヤシライス 200円

プリンアラモード

オムレツ(オムライス)

エビフライ などが見えた 

 

父ちゃんが洋食屋「すずふり亭」の食品サンプル

見ている間に水色の服を着た女性が父ちゃんの後ろを

2回通った。

なにか意味があるのだろうか?

 

父ちゃんの弁当箱 ドカ弁タイプ